社内講師による社員研修のデメリット

社内講師を選考するには?

近年、社員研修を社内講師で行う企業が増加しています。社員研修に社内講師を導入すると、会社の業務内容に沿った知識や経験を持つ講師による研修のため、研修内容に即した指導ができます。社内から講師を選ぶには、研修を運営する人事などが、研修内容に合った講師を選んで決めていく方法が多くみられます。しかし、社内に適任者がいない場合や、講師となる社員の業務が増えてしまう場合もあり、社内講師の選定は難しい一面があります。社内講師で研修を行う時には、研修の企画や運営など会社側の全面的なサポートが必要といえます。
また、講師が役職のある社員の場合は、研修を受けた社員が意見などを伝えにくいというデメリットもあるでしょう。

新たな情報を得にくい

社内講師で研修を行う事は、社外に講師を依頼するよりコストがかからないと言われています。しかし、研修の企画から、テキストの作成やスケジュール調整、研修後の効果を測るなどの研修に関わる業務を社内で行う事になり、一概にコストがかからないとは言えません。また、講師によってスキルや知識が異なると、研修の成果もでにくくなるため、研修内容に適した講師を養成することが求められるケースもあります。
社内講師の場合は研修のプログラムが我流になってしまうリスクがあるほか、新しい情報やスキルを得にくくなったりすることも考えられます。
社員研修は、社員にどのような知識やスキルを身につけてほしいのかを吟味し、ニーズに合わせて講師を選定することが大切です。

© Copyright Employee Education System. All Rights Reserved.