外注講師による社員研修で得られるもの

外部からの情報を学ぶ

社員教育にとって、外部から講師を招いての講義や教育指導はとても重要なことです。費用の面や様々な理由で、社内の人事担当者による教育だけの企業もあるようですが、実際に外部の知識を持った講師の話しを聞くことは大きなメリットとなります。外の企業や官公庁などの幅広い知識を持った講師の話は、有意義で参考になる部分が多いのです。社内だけで研修を実施していると、ひょっとしたら間違った方向へ教育してしまう可能性もあります。外部からの指導者であれば、それも修正してもらえます。教育テーマのスペシャリストが揃っているので、テキストだけでは知りえない情報も話してもらえるかもしれません。実践経験も多い外部講師ならば、重要なポイントをわかりやすく説明してもらえることでしょう。

効果的な教育プログラム

外部講師を依頼した場合、自社で教育プログラムを立案しなくても、効果的な教育計画を提案してもらうことができます。実際に何社も実績がある講師や教育機関であれば、効率的に教育し社員の能力を高めるためのプログラムをもっています。さらにそれは、柔軟に対応することができるプログラムとなっています。人事担当者と打ち合わせ、その企業の実態に合わせた教育計画を提案してくれます。外部講師であれば、実際に教育を受ける社員の気持ちも高まり、より効果も上がるでしょう。もちろん企業の実情にそって、外部講師は慎重に選ぶ必要がありますが、外部から新鮮な知識を取り入れることは重要です。教育の全てを外部に任せる訳にはいきませんが、外部講師の依頼も検討しましょう。

© Copyright Employee Education System. All Rights Reserved.